google-site-verification=OZsd9Lxki-S3eeJONHqiBUQlrAm8Bfz-7YtjihUfeDQ ちょっと待って!広いリビングの失敗談 | 建築・建設業界の裏や闇を斬る! 大工のおっちゃん工房
FC2ブログ

ちょっと待って!広いリビングの失敗談

台所2




はじめに


広いリビングは、家の中心となる空間です。正しく設計すれば、家族が集まり、くつろぎ、交流するための理想的な場所になります。しかし、計画なしに進めると、使い勝手が悪く、空間が持つポテンシャルを活かしきれないケースも少なくありません。この記事では、広いリビングでよくある失敗談とその改善策を、実体験に基づいて紹介します。



広いリビングでよくある失敗談

空間の使い方: 広すぎるリビングは、しばしば空間が持つポテンシャルを活かしきれず、無駄に感じられることがあります。

照明計画の失敗: 不適切な照明は、リビングの雰囲気を大きく左右します。特に広い空間では、照明の配置により、冷たく感じられたり、居心地が悪くなったりすることがあります。

家具の配置ミス: 家具を配置する際、空間を有効に活用できていないと、リビングがからっぽに感じられたり、逆にごちゃごちゃとして窮屈に感じられることがあります。

収納スペースの不足: 広いリビングでは、しばしば収納スペースが不足しがちです。これは、空間を有効に活用していないことが原因です。

壁紙の選定ミス: 壁紙の色や柄がリビングの雰囲気に合っていないと、空間全体の印象が大きく損なわれます。



失敗から学ぶ改善策

効果的な空間の分割: ラグや家具を使って、大きなリビングを機能別に自然な区分けをすることで、より居心地の良い空間を作り出すことができます。

照明計画の見直し: レイヤーを持たせた照明計画を立て、アクセント照明やタスク照明を適切に配置することで、より温かみのある空間を実現します。

家具の再配置: 家具の配置を見直すことで、リビングの機能性と見た目を大きく改善することができます。

収納解決策の導入: 壁面収納やオーダーメイドの家具を利用して、見た目にも美しい収納スペースを確保します。

壁紙選定のポイント: リビングの広さや光の入り方を考慮し、空間を広く見せる効果のある明るい色や柄を選ぶことが重要です。



まとめとアドバイス

広いリビングを持つことは、多くの可能性を秘めています。
しかし、そのポテンシャルを最大限に活かすためには、上記で紹介したような失敗を避け、計画的に空間を設計することが重要です。
自宅のリビングがより機能的で居心地の良い空間になるよう、今回のアドバイスが役立つことを願っています。



参考リンク  大工のおっちゃん工房

_image (12)

コメント

非公開コメント

daikunokoubou

建築業界40年! 裏の裏まで知り尽くしたおっちゃんが暴露する、業界の裏話
ホントの事だからかえってこわいかもしれませんが、聞いてください

おすすめサービス

お役立ち情報

お勧め

プロフィール

daikunokoubou

Author:daikunokoubou
建築業界40年! 裏の裏まで知り尽くしたおっちゃんが暴露する、業界の裏話
ホントの事だからかえってこわいかもしれませんが、聞いてください

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

ブロとも申請フォーム