google-site-verification=OZsd9Lxki-S3eeJONHqiBUQlrAm8Bfz-7YtjihUfeDQ ハウスメーカーの上納金制度がヤバすぎる!実話4選 | 建築・建設業界の裏や闇を斬る! 大工のおっちゃん工房
FC2ブログ

ハウスメーカーの上納金制度がヤバすぎる!実話4選

農家リノベーション玄関1






ハウスメーカーの上納金制度がヤバすぎる!実話4選


こんにちは、今回は、ハウスメーカーの上納金制度についてお話ししたいと思います。
上納金制度とは表向き紹介料という風な呼び方をしています。
ですが、紹介料の割にはとんでもないパーセンテージを強いています。
ハウスメーカーが営業マンや工務店に対して、売上の一部10%~20%を上納させるという制度です。
この制度は、ハウスメーカーの利益を確保するために行われていますが、実は消費者にも大きな影響を与えています。
以下に、実際に起きた上納金制度のトラブルを4つご紹介します。


1. 営業マンが消費者に高額なオプションを押し付ける

上納金制度の下では、営業マンは売上を上げることが求められます。
そのため、消費者に必要以上に高額なオプションを勧めたり、断られてもしつこく追いかけたりすることがあります。
例えば、ある消費者は、ハウスメーカーの営業マンから、100万円以上もする太陽光発電システムを強く勧められました。しかし、その消費者は太陽光発電に興味がなく、断ろうとしました。
すると、営業マンは「太陽光発電はエコで節約できるし、将来的に売電できるからお得だよ。今なら特別価格で提供できるから、このチャンスを逃すなよ」
と言ってきました。
消費者は断り続けましたが、営業マンは何度も電話やメールで連絡してきて、最終的には「太陽光発電を付けないと契約を解除する」と脅してきました。
消費者は困惑しましたが、他のハウスメーカーに乗り換えることもできず、仕方なく太陽光発電を付けることにしました。このように、営業マンは上納金制度のために消費者のニーズを無視して高額なオプションを押し付けることがあります。


2. 工務店が工事の品質を落とす

上納金制度の下では、工務店も売上の一部をハウスメーカーに上納しなければなりません。
そのため、工務店は工事費を節約することが求められます。
その結果、工事の品質が落ちることがあります。
例えば、ある消費者は、ハウスメーカーの工務店から建てた家に住んでいました。しかし、家に入居してから数年後に、壁や床にひび割れや隙間が見つかりました。
消費者は工務店に連絡しましたが、「そんなことはあり得ない」と言われました。
消費者は不信感を持ちましたが、証拠もなく訴えることもできませんでした。
後になって分かったことですが、工務店は建材や工法を安物に変えたり、工事の工程を省略したりしていたのです。
このように、工務店は上納金制度のために工事の品質を落とすことがあります。


3. ハウスメーカーが消費者のクレームに対応しない

上納金制度の下では、ハウスメーカーは営業マンや工務店に対して厳しいノルマを課します。
そのため、ハウスメーカーは消費者の満足度よりも売上を優先することがあります。
その結果、消費者のクレームに対応しないことがあります。
例えば、ある消費者は、ハウスメーカーから建てた家に住んでいました。
しかし、家に入居してからすぐに、水漏れやカビ、電気の不具合などの不具合が発生しました。
消費者はハウスメーカーに連絡しましたが、「保証期間が切れているから対応できない」と言われました。
消費者は「保証期間は10年だと言われたのに」と抗議しましたが、「契約書には5年と書いてあるから」と言われました。消費者は契約書を見直しましたが、確かに5年と書いてありました。
しかし、営業マンは口頭で10年と言っていたのです。
消費者は騙されたと感じましたが、証拠もなく訴えることもできませんでした。
このように、ハウスメーカーは上納金制度のために消費者のクレームに対応しないことがあります。


4. ハウスメーカーが倒産する

上納金制度の下では、ハウスメーカーは営業マンや工務店から上納金を得ることで利益を得ます。
しかし、この制度は非常に不安定です。
なぜなら、営業マンや工務店が売上を上げられなかったり、逃げ出したりした場合、ハウスメーカーは収入源を失うからです。
そのため、ハウスメーカーは倒産するリスクが高くなります。
例えば、ある消費者は、ハウスメーカーから建てた家に住んでいました。
しかし、家を建ててから数年後に、ハウスメーカーが倒産したというニュースを聞きました。
消費者は驚きましたが、「自分の家には関係ないだろう」と思いました。
しかし、その後に分かったことですが、ハウスメーカーは倒産する前に多額の借金をしており、その担保として消費者の家を差し押さえられていたのです。
消費者は突然家を追い出されることになりました。
このように、ハウスメーカーは上納金制度のために倒産するリスクが高くなることがあります。
以上が、ハウスメーカーの上納金制度がヤバすぎる実話4選です。
このようなトラブルを避けるためには、ハウスメーカー選びに注意する必要があります。


このように慣例化している上納金制度、余計な支払いをしないためにも、充分吟味してから施工メーカーをお選びください

コメント

非公開コメント

daikunokoubou

建築業界40年! 裏の裏まで知り尽くしたおっちゃんが暴露する、業界の裏話
ホントの事だからかえってこわいかもしれませんが、聞いてください

おすすめサービス

お役立ち情報

お勧め

プロフィール

daikunokoubou

Author:daikunokoubou
建築業界40年! 裏の裏まで知り尽くしたおっちゃんが暴露する、業界の裏話
ホントの事だからかえってこわいかもしれませんが、聞いてください

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

ブロとも申請フォーム