FC2ブログ

建築・建設業界の裏や闇を斬る! 大工のおっちゃん工房

お困りの方はお問合せからどうそ

新築費用が安い街の工務店さん、発注方法を変えてみよう

81cf5fd76618faeda49df99e43548860b4d767fc.png





工務店に求められるハウスメーカー基準とは 




こんにちは、大工のおっちゃん工房です。


今回は、工務店に求められるハウスメーカー基準というテーマでお話ししたいと思います。
ハウスメーカー基準とは、一般的には、ハウスメーカーが提供する住宅の品質や性能を示すものです。
しかし、工務店にもハウスメーカー基準があるのをご存知でしょうか?
それは、ハウスメーカーは工務店の家の作り方を手本としているからです
いかし、圧倒的に規模が違う両者からすると、下記の内容が違ってきてしまします
工務店とハウスメーカー基準の違いとは、どのようなものなのでしょうか?

工務店に求められるハウスメーカー基準とは、主に以下の3つの点に関するものです。

1. 設計力
2. 施工力(いくつも同時には出来ないという事で、発注着工には関連しない)
3. アフターサービス(これは保証という観点からの違いという意味)


設計力とは、お客様の要望やライフスタイルに合わせたオリジナルなプランを提案できる能力のことです。
工務店は、ハウスメーカーと違って、型にはまった住宅ではなく、自由度の高い住宅を建てることができます。
しかし、その分、設計力が高くなければなりません。
お客様の夢を形にするためには、豊富な知識や経験、センスやアイデアが必要です。
工務店に求められる設計力は、ハウスメーカー基準以上であると言えるでしょう。



施工力とは、設計したプランを忠実に実現する技術や管理能力のことです。
工務店は、ハウスメーカーと違って、自社で施工することが多いです。
しかし、その分、施工力が高くなければなりません。
お客様の満足度を高めるためには、品質や納期、コストなどをしっかりと把握し、安全かつ確実に施工することが必要です。
工務店に求められる施工力は、ハウスメーカー基準以上であると言えるでしょう。



アフターサービスとは、引き渡し後もお客様の住まいをサポートする体制や対応力のことです。工務店は、ハウスメーカーと違って、長期的な関係を築くことができます。
しかし、その分、アフターサービスが高くなければなりません。
お客様の安心感を高めるためには、定期的な点検や保証制度、修繕やリフォームなどの対応を迅速かつ丁寧に行うことが必要です。
工務店に求められるアフターサービスは、ハウスメーカー基準以上であると言えるでしょう。

私たち、大工のおっちゃん工房は、街の工務店さんを応援しています
価格を安く、より自由に設計できる工務店さんの施工
そのお手伝いが私たちの使命です



以上が、工務店に求められるハウスメーカー基準というテーマでした。
興味があれば、今後も建築について発信していきます
ぜひチェックしてみてください。それでは、また次回のブログでお会いしましょう。

Last Modified :

Comments







非公開コメント