FC2ブログ

建築・建設業界の裏や闇を斬る! 大工のおっちゃん工房

お困りの方はお問合せからどうそ

最近の間取りの傾向と対策

82fdb316086bc3ce8c260700f39fad2c1d5a4cd3.png


最近流行の間取りとは!

これから家を建てようとする時、どんな間取りでどういう風に作ろうか?
勿論予算内でギリギリの要望は入れたいですよね

でも、建築にも流行というものがあります
機能的で洗練されたものは、あなたの希望にも合っているかもしれませんね
さて、あなたの考えはどっちでしょう



今はもう古い!という設計を再確認


閉鎖的なデザイン: 近年の家は、より開放的で明るいデザインが好まれています。例えば、大きな窓やオープンフロアプランなどが人気です。これに対して、部屋が分割された古典的なデザインはあまり流行っていません。

エネルギー非効率な設計: エコロジーと持続可能性への意識が高まる中、エネルギー効率の低い家は人気がありません。例えば、断熱性能が低い窓や、エネルギー消費の多い家電製品などです。

過剰な装飾: シンプルで機能的なデザインが好まれる傾向にあり、過剰な装飾はあまり流行っていません。




さて、内装はどうでしょうか?

内装に関しても、以下のような特徴を持つものは、あまり流行っていないと考えられます


ヘビーなカラースキーム: 明るく開放的な空間への需要が高まっているため、暗い色調や重たいカラースキームはあまり好まれていません。代わりに、自然光を最大限に活用し、空間を広く明るく見せるパステルカラーやニュートラルカラーが主流です。

過剰な装飾的なディテール: シンプルで洗練されたデザインが好まれる傾向にあり、過剰な装飾や複雑なディテールはあまり流行っていません。

旧式のフィクスチャーやアプライアンス: テクノロジーの進歩とともに、キッチンやバスルームのフィクスチャーやアプライアンスも進化しています。旧式のものは、見た目だけでなく機能性にも劣るため、あまり好まれていません。
非効率的な間取り: 現代のライフスタイルは、効率的な間取りを求めています。例えば、無駄に広い廊下や、使用頻度の低い部屋などは、スペースの無駄と見なされる傾向があります。


これらの傾向は、時期や地域、個々のライフスタイルによって変わる可能性がありますので、具体的なプロジェクトについては専門家の意見を求めることをお勧めします。



それでは最近の傾向は、どのようなものが作られているのでしょうか


流行りの間取りは時期や地域によって異なりますが、一般的には以下のようなトレンドがあります。ただし、最終的な選択は個々の好みやライフスタイルに合わせるべきですね



オープンキッチン:
キッチンとリビングルームを一体化させ、開放的な空間を作り出すことが一般的です。家族や友人とのコミュニケーションがしやすく、料理中も会話が楽しめます。

マスタースイート:
寝室、バスルーム、ウォークインクローゼットを組み合わせた広々としたスペースで、くつろげる場所を提供します。

ホームオフィススペース:
在宅勤務やフリーランスが増えているため、仕事をするための専用スペースが重視されています。

多目的スペース:
特定の用途に限定されない、柔軟に使えるスペースが求められています。たとえば、書斎や子供の遊び場を兼ねたスペースなどがあります。

サステナビリティ:
エコフレンドリーな素材や設備を導入し、省エネ性能の高い家を作ることが重視されています。

収納スペース:
収納力のあるデザインが好まれます。隠し収納や効率的なスペース活用がトレンドです。

スマートホームテクノロジー:
スマートホームデバイスを組み込んだり、自宅の機器を遠隔操作できるようにするなど、テクノロジーを活用する傾向があります。



これらのトレンドを取り入れながら、自分の好みやライフスタイルに合わせた間取りを考えると良いでしょう。また、専門家のアドバイスや友人や家族の意見も参考にすると良いですね。


さて今回は如何だったでしょうか
それでは次回までお楽しみに

Last Modified :

Comments







非公開コメント