FC2ブログ

建築・建設業界の裏や闇を斬る! 大工のおっちゃん工房

お困りの方はお問合せからどうそ

新築したけど庭はどうしよう? 

22232522_s.jpg


 

新築の庭どうすればいいの?

ご存じのとおり、敷地には建ぺい率や容積率があるので、どうしても余剰地ができます

道路側には駐車場、玄関までの通路を作ったけど、あとはどうしよう?

という方も多いんです

まぁ、建物が建ってからじゃないとわからないからというのが殆どの意見ですね

私もそのほうがいいと思います

先に全部決めてしまうと、建物の影になってしまったとか、思ったより寸法が狭くて、または

広くてイメージが変わってしまったという事が出てくるからです

そこで、今回は庭の作り方、というか私の経験談をお話します





24631604_s.jpg



庭というイメージより、小さな公園というイメージ

家の形状や大きさによって庭の大きさや形は様々です

一か所に固まっていたり、何ヵ所かに広い部分が点在したりと個々にバラバラですが、私の

エクステリア工事の設計と施工経験からすると、なるべく土の部分を少なくするほうが後々

厄介な事にならないと思います

なぜなら、


1、雑草の処理が兎に角大変で、一年中処理に振り回される

2、雨降りの後、なかなか水が抜けなくて水たまりに苦労する

3、花壇との境がないので、種が飛んでまた抜くはめになる


設計依頼が来た時は、私は菜園や花壇については詳しく聞くようにしています

庭があったらやりたい!という方の半数は放置状態になる(施工してから数年後、再施工する

確率55%)ので、その事もお話した上で、小さ目の花壇を設計するようにしています

また、同じものを前面に施す(コンクリートの土間を前面など)のもお勧めしていません

家にいて、庭を見ない人はいません

その時にいい庭だな~って思えるのは、見慣れた公園のイメージなんです

遊歩道のある散歩コース、遊具がある小さな公園、その人の癒されるイメージで作るのを基本

としています





22873771_s.jpg





庭の水を排水する事が準備段階

土を見せない庭と聞くと、前面コンクリートとお考えの方もいるかもしれませんが、駐車場

はコンクリート土間でもいいとして、コンクリート下地で作るものと、土の上に並べたり敷き

詰めたりするものがあります

でも、その前に庭に溜まる(庭に降る)雨水を排水する方法を考えなければいけません

通常、勾配率は2%が平均ですが、比較的日のあたる面積が大きければ1%にする場合もありま

す(私の場合は北側を3%に設定して、途中から2%にするというふうにしています)

これをやらないと凸凹した庭になってしまうので、必ずする工程です

そして、コンクリートで下地を作る(自然石の乱張り、歩道用タイル)ものと、土に改良剤を

散布しながら締固めしてから調整砂で作っていく(インターロッキング、瓦チップ、セラクラ

ッシュなど)ものとに分かれます





1962419_s.jpg


広さや形を考えて配置を仮想する

最初にお話しした公園のイメージの一部または全体を再現して、投影してみましょう

そこで花壇を円形に投入してみたり、樹木を配列してみて、全体をしっくりくるように設計し

てみましょう

勿論家の外観とのコントラストも考えなければいけませんが、私はそんなに重要視はしていま

せんね

こういう時に便利なのが3Dパースです

完成図面が先に見られるので大変重宝します

また、小さい庭でも大きく感じる設計もあります

もし、お困りの際にはこちらからご相談ください

ブログボタン(600 × 100 px)



[Tag] * #相談
Last Modified :

Comments







非公開コメント