FC2ブログ

建築・建設業界の裏や闇を斬る! 大工のおっちゃん工房

お困りの方はお問合せからどうそ

作り手が考えるキッチンまわりの収納とは

25462635_s.jpg


新築やリノベーション時に考えるキッチン収納の作り方



「収納の達人」さんや「プロのアドバイザー」さんが記事にする内容を踏まえた上で、作り手
が提案するキッチン収納の基本的な考え方とは




新築やリノベーションの時には色々な事を考えなければいけないですよね
いっそ誰かに全部任せてしまいたいほどだと思います

そして、その一つが収納という一番厄介な問題なのですが、アドバイス代わりに色々な記事や解説を読んでも、いまいちピンとこないんじゃないかと思います

ここでアドバイザーさんや達人さんが言う問題と提案を再度検証してみましょう

ブログボタン(600 × 100 px)



収納のポイントは3つ

1,調味料や常温保管できるもののサイズが大きすぎて、保管するスペースが無くてたまたま        
空いているスペースに置くことで埋もれてしまって同じものを買ってしまうという悪循環ができてしまう(専門家は、お得感と実情を比較しましょうとアドバイスしています)

2,毎日使う調味料や調理器具、その他使用頻度が多いものは出しっぱなしにしている分スペースを取られて、調理するスペースや材料を一時置いておく場所が無くなってしまう
(この問題についても、毎日かたずけてスッキリさせましょうとアドバイスしています)

3、大きな調理器具、お米、ゴミ箱が床にそのままに置かれていて動くスペースが狭くなってしまっている
(機能的にかたずけて移動する足元をスッキリさせましょうとアドバイスしています)


現状の広さと収納家具の中で考えられるベストな選択だと思います
そして、このアドバイスこそこれから始まるリノベーションや新築工事の際の収納アイデアに繋がるヒントなんです




作り手から提案する収納の在り方

23044877.jpg


数々のアドバイザーさんは、今現状の空間の中でベストな意見を提唱していますが、ここでは大前提として新築やリノベーションなので、勝手が違いますね
ですが、何故先ほどのアドバイスがヒントになっているのでしょうか

それは、若干の広さと機能性がないから出る問題だからです
単に広い収納スペースを作っても、機能性が悪ければ同じように使い勝手が悪いキッチンになってしまいます

では、具体的にどうしたらいいでしょう


デザイナーさんの多くは、冷蔵庫やレンジ、家電製品を全部収納できるオールインワンの収納を流し台の後ろに設置しています
また、流し台自体にも多くの引き出しを付けたものが最近は多く、調味料や洗剤の買い置きも収納できるようになりました
これで先ほどの1と3は解消できますね
構造上、流し台の後ろに大型収納が設置できなくても、左右どちらかに設置は可能なはずです


ここからが作り手からの提案です


最近の間取り傾向として、リビング単独の考え方が随分変わってきています
極端に言えば、流し台にカウンター付きのものを選んだ上で、リビングソファのような大型家具は置かずに空間を大きくとる形が増えています

ですから、キッチン収納を3~4畳分~2~3坪分確保しても、特に狭くなるといった感覚ではありません
この確保した収納には、普段使わない食器や調理器具、お米や常温管理できる食材がおけます
また、この収納を区分けして調理器具、お皿など、買い置きのものなど区別しておけば、探す手間も省けます
なんなら先ほどデザイナーさんがて提唱している冷蔵庫も含めた大型収納のサイズもそんなにとらなくても済みます

作り手は、作っている時にここが大きく空いちゃうよな~もったいないな~と思いながらも施工している事が結構あります
もしご覧になっているあなたが困っているなら大工のおっちゃん工房までお問い合わせ下さい

ブログボタン(600 × 100 px)




Last Modified :

Comments







非公開コメント