google-site-verification=OZsd9Lxki-S3eeJONHqiBUQlrAm8Bfz-7YtjihUfeDQ 【理想の快適空間】広いリビングの基準とは?平米数から考える | 建築・建設業界の裏や闇を斬る! 大工のおっちゃん工房
FC2ブログ

【理想の快適空間】広いリビングの基準とは?平米数から考える

A_warm_and_cozy_living_room_where_a_family_is_happ.jpg




      
       


こんにちは、皆さん

今日は、【理想の快適空間】広いリビングの基準とは?平米数から考える

というテーマでブログを書きたいと思います。

皆さんは、広いリビングが欲しいと思ったことはありませんか?
私は、よくあります。
でも、広いリビングと言っても、どれくらいの広さが必要なのでしょうか?平米数で考えてみましょう。

まず、一般的なリビングの平米数はどれくらいかというと、国土交通省の調査によると、平成30年度の新築分譲マンションの平均的なリビングの面積は約16.5平米だそうです。
これは、畳で言うと約10畳に相当します。
これが普通のリビングのサイズなのですね。
では、これよりも広いリビングを持つには、どれくらいの平米数が必要なのでしょうか?


私は、広いリビングの基準は20平米以上だと思います。
これは、畳で言うと約12畳に相当します。
このくらいの広さがあれば、家族や友人とゆったりとくつろげると思います。
また、テレビやソファ、テーブルなどの家具も自由に配置できますし、趣味や勉強などのスペースも確保できます。
私は、このくらいの広さがあれば、理想的な快適空間だと思います。


もちろん、広いリビングを持つには、それなりのコストがかかります。
平米数が増えれば、家賃やローンも高くなりますし、光熱費や掃除も大変です。
また、広いリビングを持つことが必ずしも幸せにつながるとは限りません。
人によっては、小さくても居心地の良いリビングを好むかもしれません。
広いリビングを持つことは、一つの選択肢に過ぎません。

ですから、広いリビングを持つかどうかは、自分のライフスタイルや予算に合わせて決めることが大切だと思います。
私は、広いリビングが好きなので、将来的には20平米以上のリビングを持つことを目指していますが、それが皆さんにとってもベストな選択肢だとは言えません。
皆さんも、自分にとって最適なリビングのサイズを見つけてくださいね。


以上、【理想の快適空間】広いリビングの基準とは?平米数から考えるというテーマでした。このブログが皆さんの参考になれば幸いです。ではまた。

コメント

非公開コメント

daikunokoubou

建築業界40年! 裏の裏まで知り尽くしたおっちゃんが暴露する、業界の裏話
ホントの事だからかえってこわいかもしれませんが、聞いてください

おすすめサービス

お役立ち情報

お勧め

プロフィール

daikunokoubou

Author:daikunokoubou
建築業界40年! 裏の裏まで知り尽くしたおっちゃんが暴露する、業界の裏話
ホントの事だからかえってこわいかもしれませんが、聞いてください

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

ブロとも申請フォーム